防災用品はアイデア次第3

FH009_L
【家に備えておくもの】
●消火器
たいていどんな家庭でも消火器は持っているだろう。しかし、それがどこに置いてあるかを考えてほしい。普段使わないから山と積まれた荷物の後ろになどというのはもってのほか。まず目につきやすいところに置くことが大切である。玄関、廊下など、みんなが普段頻繁に通るところがいい。イザというときに目につくのは、最も慣れ親しんでいる場所である。よく、台所で火が出たときに便利だろうと、ガスレンジの近くに置いている人がいるが、ガスレンジこそ最も火元となりそうな場所であることを知ってほしい。消火器が火元の近くにあっては手にすることもできないのだ。また、地震の揺れで消火器が倒れてしまうと、ただでさえうろたえている目で探さなくてはならない。小さな箱に消火器をスポッと入れておくだけでもかなり倒れるのが防げる。柱に金具をつけて留めておくのもいいだろう。さらに、家の外から消火することも考えて、外にも一本置くことが望ましい。もちろんスワというとき即座に使えるよう、使用方法を頭に入れておくことが大切である。
リフォームは検討されておりませんか?←こちらからいろいろな不動産知識を蓄えましょう。
●水
避難生活が長引く場合、生きるための最低限の水以外に、今度は手を洗ったり、食器を洗ったり、清潔を守るための生活用水が必要になる。できれば、飲料水プラス生活用水で1人1日最低10リットルは用意したい。最適かつ、手軽に手に入るのはポリタンクだ。万が一家が倒壊、あるいは倒壊せずとも危険で入れなくなったときにも後から取り出せるように、外から取り出せるところ、できれば庭などに置いておきたい。
●消火バケツ
火が出たとき、消火器の次に役立つのはやはり水だ。台所の隅、玄関の隅などに水の入ったバケツを用意したい。消火用はもちろん、生活用水、飲料水としても役立つ。三角消火バケツは、内部に仕切りがあり、水を数回にわけてかぶせられるので便利だ。
●自転車、バイク
今回の阪神・淡路大震災で、これほど威力を発揮したものもないだろう。交通機関がストップし、道路が超渋滞で身動きもできぬ中、小回りの利く自転車やバイクは格好の足になる。燃料が手に入らないことを考えれば自転車がなおよい。イザというとき最後に頼れるものは、やはり自分の足である。
●その他
少量のクギ、ベニヤ、ビニールシートやあのブルーの養生シートというのが意外に役立つ。地震後にこれらを買おうとしてもあっという間に品切れになってしまう。

Posted on 2014年5月9日, 6:42 PM By
Categories: 未分類